体臭の中でも特に悩ましい、ワキ臭……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、結構多いのではないでしょうか?ちょっと汗をかいただけで「もしかして……」と不安が過ぎることも。

実際はさほど強く臭わないのに苛む人も少なくないのです。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 においに悩みを持つ人にとっては大きな課題ですよね。

ワキの臭いの予防策は、とにかくいつも身体を清潔にしていること。

汗に含有されるアンモニアや皮脂などの成分と菌類などが合わさった時生まれるニオイは、清潔さを心掛けるだけで対策できます。

そして、衣類の綺麗さも忘れてはいけません。

肌と直接触れ合う衣料品は特に清潔に保つことが大切です。汗をかいた際は、替えの肌着を一枚用意するのも 良い方法かもしれません。女性はインナーウエアを着る為下半身が締め付けられ、生理用品などを使用すると蒸れてデリケートゾーンのニオイがこもることがあるでしょう。

また、排卵日は臭いを感じやすくなるため、自身の臭気に不安をもつ場合もあるようです。

しかし、仮に月経中や健康状態によってニオイがやや強くなったとしても 短期的な現象であり、普段と同じように洗っていれば大丈夫です。次のうち合致する条件が多い人は高確率でワキガに罹っています。腋の毛が多めで、女性の場合はワキ毛が濃い。

衣類や下着のワキの部分が黄ばんでいる。両親が二人ともわきガである。

または両親のどちらかの耳アカが湿っている。

他の部位よりワキの下からの発汗量が多い。

汗がネバっとしている。

食生活は肉類や乳製品などが中心で動物性タンパク質を多く摂取する。

ごく稀ではありますが、陰部から脇のにおいの臭いが放たれる「裾腋臭」体質に悩みを抱える人も稀に存在します。ねばつきのあるキャラメルのような耳垢が出る人は「外陰部臭症」を疑うべきです。

されども、この体質はワキガと同様に、専門科に診てもらうことで 匂いを抑えることができますから、ひとりで苦悩せずに病院に診てもらうのが良いでしょう。ワキの臭いは遺伝するもので、両親のどちらかがわきガなら50%、両方とも腋臭症を持っている場合は75%もの確率で子供も腋臭症に罹ると言います。さらに、両わきではなく片側限定でわきガの場合もあります。

一般的に、臭いの原因は生理活性物質とされ思春期が終わると強くなっていくようです。わきガになると、デリケートゾーンや足の異臭なども 気にかかる方が大半だそうです。

彼に指摘されなくても自分の性器のニオイが気になり悩みを抱える女性は少なくありません。中でも生理が終わる際のオリモノが赤っぽく変色する時期は臭いが強烈に感じられることも。

日々の生活でパンツを脱いだとき、我慢できないような臭いが感じられるようでしたらレディースクリニックに相談すると良いでしょう。

性器からの異臭に気づいた時はニオイ予防をしつつ、 健康面も改善していくと良いでしょう。わき臭に悩むのであれば、外出前には、脇にデオドラント剤をつけることを勧めます。

さらに、塗った後に制汗剤を乾燥させるだけで、さらに大きな防臭効果が得られます。

脇の汗や臭さを軽減するのには、噴霧器型や粉末状の、さっぱりとしたサラサラ感のあるものがおすすめです。急にあせが出た際は拭きとり型のウェットシートを持っておくと良いでしょう。

もし、陰部の悪臭に気づき精神的な負担を感じてるならば、まずは旦那さんや彼氏に指摘してもらう事が肝心です。「私の体臭は気になる?」と。

「大丈夫だよ。

逆に君の匂い大好き!」と告げられたら、「私だってあなたの匂いが好きよ」と笑顔で返事をしましょう。

お互いが臭いに神経質になりセックスレスになってはいささか勿体無いことですよね。わきガに罹っているならば日ごろから肌を綺麗に保つよう心がけ、雑菌を増やさないようにしましょうワキにニオイがこもったり、放出されたりすることを阻止するために、ワキ毛を除毛するのもいいでしょう。野菜中心で肉を節制した食事法もアポクリン腺の活性化を防止します。

さらに、リンゴの成分内にはアポクリン腺内にあるアポタンパクの増殖を阻止し、匂いの発生を防ぐ役割を備えています。「脇のにおい」は病気ではありません。

それでも、匂いが他人より強い人、脇から染み出る汗の影響でショーツや肌着の黄ばみに不安を抱える人への対策案として、医師からの診断を受けるという手もあります。

専門医は慎重に選ぶべきです。

とくに、いっぺんに両ワキの手術を行うようにすすめてくる病院は、避けることを推奨します。

片方のワキの手術を受けて、アフターケアや術後経過を見てから、 残りの手術をするほうが無難です。腋臭の漏出を抑制する『すりりんごシップ』は、ガーゼ生地ですりおろしリンゴを包み、湿布をするときのように腋に当てる手間だけで手軽に効果を得ることができますから、是非とも試してみて下さい。①林檎をひとつすすぎ、皮つきの状態で全てすりおろす。

②果汁を出し切るように、すりおろした林檎をコットンなどでまとめて搾る。

③水気が切れたリンゴを綺麗な布で包み、両脇に5分間当て込む。

デリケートな部位の匂いに悩みを抱える女性は多いですが、実際にはほとんどが「気のせい」か「気にしすぎ」であり、服を身に着けている際他人が感じるほどのニオイがするような人は、滅多にいないということです。

そもそも、必ず股部からは臭いが放たれるものなのです。

無条件に、人なら誰しも多少のニオイがあります。

わきガの原因は、 汗と雑菌の混合物です。

脇は毎日必ず洗って下さい。朝の身支度時と、夜の入浴時に、体臭を抑えるボディソープを使って洗うとより効き目を感じることでしょう。

肌着類は発汗性・吸水性・乾燥性の良いコットン素材のものを身につけましょう。

通気性をよくするために締め上げるようなインナーの使用は気を付けましょう。日本人の10%が脇のにおいを持っているといわれています。

人体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という名の2タイプの「汗腺」があります。わきの下や乳首、へそ、陰部、肛門の周辺、外耳道など、体の一部位に限り存在する「アポクリン腺」から発生する汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、皮膚上の菌類が増えやすくなります。

【透明感UP】Vラインの黒ずみ対策にこのクリーム!ランキング×ガイド